1病棟 回復期リハビリ病棟

 
 
急性期の治療を終えてからの“回復期“は,心身の機能回復にとって大変重要な時期です。この時期には,患者様の症状に応じた多様 な機能訓練を集中的に行う必要があります。それを行えるのがこの回復期リハビリテーション病棟です。私たちは,皆様の大切な回復の期間をしっかりとサポートできる体制を組み,全力で機能回復のお手伝いをいたします。
   
1病棟看護師長 角田小百合
 
 
病棟は,退院後に介護保険のデイケアなど維持期サービスへのつながりや移行のしやすさを目的に院内デイケアという新しい取り組みを行っています。それにより入院中から病棟内に作られたデイケアに徐々に慣れ,1日参加できる体力を作ることを目標としています。見学も随時お受けしております。ご希望があればご一報下さい。
 

リハビリテーション

リハビリテーション
 
 リハビリテーションといえば、歩行練習や日常生活動作に関する練習を理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による関りと連想される方も多いのではないでしょうか。回復期リハビリ病棟では、看護師もリハビリに関わっています。リハビリスタッフによるリハビリは個人差はありますが1日に1~3時間で意外と短いです。病棟内で過ごされる時間の方が多いため看護師・介護士によるリハビリが必要になります。
 今回は歩行練習に使われる歩行器についていくつかご紹介します。
老人車に関しては、使い慣れた老人車がある場合は当院まで持参して頂くよう依頼することがあります。
病棟内ではリハビリで身に付けた能力を維持・向上していくためにリハビリスタッフと看護師・介護士が情報共有を行ない、今後の生活を見据え生活の中でも安全にリハビリをしていただいています。
 

カンファレンス

カンファレンス
 
 カンファレンスとは、「会議」という意味の言葉です。
 回復期リハビリ病棟では定期的に、医師・薬剤師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・管理栄養士などの多職種により、カンファレンスを行っています。
 カンファレンスでは、入院患者様について、前回のカンファレンスからの改善点や変化した点の共有を行い、退院に向けた目標(ゴール)、目標への取り組み、退院支援の進行状況などを相談・討議します。
 入院患者様・ご家族様の意見・要望をできる限り取り入れるよう心掛けています。
 

病棟紹介

病棟紹介
   
 

1病棟の記録

1病棟の記録
フォーム
 
クリスマス会
2022-01-13
12月16日に1.2病棟合同にてクリスマス音楽会がありました。クリスマス会に向けては皆さんでクリスマスの飾りを作ったり、ツリーの飾りつけをしました。当日は看護職員によるハンドベルの演奏、「上を向いて歩こう」の独唱・利用者様と共に合唱、リハビリスタッフによるリハビリ体操のクリスマスバージョンでの皆での体操、最後には言語聴覚士によるギターの弾き語りがありました。盛り沢山の内容で、利用者様からは感動の声や涙を流しておられる方等とても楽しんで頂けました。コロナ禍でなかなか外出・面会ができないなか、季節感を感じられ少しでも非日常体験ができたかと思います。
 
七夕
2021-03-11
6月9日より患者様、スタッフと共に七夕飾り、短冊を作成しました。手先の運動、リハビリにもなり、皆で一つの物を完成させるという達成感を味わうことができます。7月9日当日はお茶会をしながら、みんなで歌を歌ったり、入院患者様が七夕についてのお話を参加者様にして下さいました。また、コロナ禍で面会が制限されているなか、イベントの写真撮影をしてご家族へお渡ししました。
 
ひな祭り会が行われました
2021-03-11
風が心地よく感じられる季節となりました。  3月11日にひな祭り会が行われ、患者様が作業療法を兼ねた手作りの飾りを準備してくださいました☆
会ではカラオケが行われ、ひな祭りの歌や患者様がそれぞれ十八番を熱唱され、大盛り上がりでした。
好きな歌を歌うことは自律神経を整え、リラックス効果につながるだけでなく、呼吸筋を鍛えることにも効果があります。
 
ひな祭りは女性患者様はもちろん、男性患者様もなじみのある行事です。
会の中で、ある患者様は、自身の子どもの頃の思い出や、お子さん、お孫さんのひな祭りに関する思い出話をしてくださり、懐かしみながら話をされていました。患者様自身が思い出を話されることで脳を活性化でき、認知機能を維持するため効果も得られたのではないかと感じました♪
 
 
 
 
クリスマス会☆
2020-12-24
12月24日にクリスマス会が行われました。
日々一生懸命にリハビリにがんばっていらっしゃる患者のみなさまに「少しでも笑顔になっていただきたい」「楽しんでいただきたい」という思いを込めて、クリスマス会を企画しました。
当日まで患者さまとスタッフが一緒に飾りの作成や取り付けなどの準備を進めてきました。
 
会ではクリスマスソングの合唱やケーキ店のデザートを食べていただくなど、クリスマスらしい雰囲気を感じていただきました。患者さんにとって歌うことは誤嚥防止や発語障害、脳の活性化を向上させる効果があるといわれており、クリスマス会自体がリハビリとしての効果があります。
食堂には患者様のたくさんの笑顔と「おいしい!」「楽しかった!」という声にあふれていました。
みなさまの満面の笑みを拝見しながら、わたしたち職員も楽しい時間を一緒に過ごすことができました。
 
押し花アート♪
2020-10-22
10月22に押し花作りを行いました。
材料となる押し花は、施設内に咲いている花を患者様が摘まれたものやスタッフが自宅近くで採取したものを使って色とりどりのものが集まりました
 
初めに水分を取り除くため、ペーパータオルや新聞紙に挟んで重しをして乾燥させます。
最後に患者様が自分の感性で押し花を並べて額に入れて出来上がりです♪
 
押し花作りは指先や脳の訓練といった作業療法の面と花々が持つ美しさから心身に潤いと安らぎを与える効果があります。
患者様もスタッフもナースステーションを通るたびに飾られた作品を見て心が癒されています
  
     
 
 
医療法人社団昌平会
大山リハビリテーション病院

〒689-4102
鳥取県西伯郡伯耆町大原927番地1
TEL.0859-68-4111
FAX.0859-68-4185
フリーダイヤル.0120-68-4165

───────────────
■診療科
内科、リハビリテーション科、
精神科、神経内科
───────────────
■診療時間
月曜~金曜
 9:00~12:00
14:00~17:00
───────────────
■面会時間
 10:00~20:00
qrcode.png
https://drh.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<医療法人社団昌平会>> 〒689-4102 鳥取県西伯郡伯耆町大原927番地1 TEL:0859-68-4111 FAX:0859-68-4185