介護医療院

 

介護医療院はじめ 空床情報

介護医療院はじめ 空床情報
  2021-10-15 介護医療院はじめ 空床情報
 

イベント

イベント
フォーム
 
節分
2019-03-28

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。23日は節分でした。入居者様の今年1年の健康を祈り、ダンボールで作った鬼に向かって豆代わりに新聞紙を丸めたものをぶつけていました。みんなで一つの事をするというのは、とても盛り上がり活気が出てとてもいい日になったと思います。

 
「介護医療院はじめ」開設
2018-10-11
平成30年10月、「介護老人保健施設はじめ」から『介護医療院はじめ』に転換しました。
長期的な医療と介護ニーズを併せ持つ高齢者を対象とし、日常的な医学管理や看取りやターミナル等の医療機能と生活施設としての機能とを兼ね備えた施設です。
 
花回廊散策ツアー
H30花回廊
H30花回廊弁当

平成30年 515日、22日に「とっとり花回廊」へ散策に行きました。

2日間天候も良く、春の花々、色とりどりのバラの花やユリを見ながら家族や職員と共に散策してユリのいい香りや満開のバラの花をバッグに写真をとったりして、有意義に過ごす事が出来ました。

食事をいつも食べられない方が、たくさん食べられ、家族の方と楽しそうに食事をされていました。

帰られたら、「少し暑かったが、花が綺麗で、食事もおいしかった。」「一生の思い出になりました。」と、とても喜ばれていました。
 
菖蒲湯
 


平成3055日 個浴にて菖蒲湯をしました。入所者さんも「ちゃんと菖蒲じゃないのだ。その割に匂いがしないな」「こうやって結んだような?」と、とても懐かしんでおられました。

​効果:アサロンやオイノゲールという精油成分が多く含まれ、腰痛や神経痛を和らげ、血行促進や保湿効果は根の部分にあるとされている。

由来:古くは中国で病邪(びょうじゃ)を払う薬草だとされ、菖蒲湯・菖蒲酒・菖蒲刀など用いた。日本では「御湯殿上日記(戦国時代の宮廷生活が記されたもの)」に、5月4日に菖蒲の枕をし、その菖蒲を5日に湯に浮かべた。一般庶民が楽しむようになったのは、江戸時代に武士社会で「菖蒲と尚武」をかけて、尚武の節日として祝うようになり、薬湯の一種として民間療法も含め年中行事になった。

今日では心身のリラックス効果として、アロマセラピーに用いられている。

 
紅葉狩りツアー
 

10月31日~11月2日まで、大山の紅葉を見に屋外活動に出かけました。三日間とも天気が良く、みるくの里や鍵掛峠までドライブしました。

 太陽の光があたり紅葉の色が、より鮮やかでとても奇麗でした。入所者様も「きれいだなぁ~」と、とても喜んでおられました。

3
 

介護医療院はじめ A棟 B棟

介護医療院はじめ A棟 B棟
 
      B棟 看護師長 岡本朋子
   
 自分らしい生活が送られるよう、専門スタッフによる介護、看護、リハビリテーションを提供し、自宅復帰を支援します。
 
≪一日の流れ≫
   
 6:00~ 7:00  点灯・起床・洗面
 7:30~ 8:00  嚥下体操・朝食・口腔ケア
 9:00~ 9:30  体温・血圧測定
 リハビリ
 テーション
10:00~10:30  お茶の時間・リハビリ体操
 整容(爪きり、耳かき)
12:00~12:30  嚥下体操・昼食・口腔ケア
14:00~17:00  お茶の時間・レクリエーション
18:00~19:00  嚥下体操・夕食・口腔ケア
21:00  消灯 睡眠時間
 
   
【ご利用いただける方】
当サービスのご利用は、原則として要介護認定の申請を行われた方で要介護認定の結果が『要介護』と認定された方が対象となります。
 
 
【ショートステイ】
施設空床利用でショートステイの対応しています。ご相談ください。
 
 
【レクリエーション】
毎月院内託児所から子供たちが来てくれて楽しく過ごしています。また、四季折々の行事を企画し、一緒に行っています。
 
 
【ご利用料金について】
入所費:Ⅱ型介護医療院サービス費(Ⅲi)           (単位/日)
 
※単位数の10円をかけた金額の負担割合に応じた額が利用料です。
 負担割合とは市町村から交付される介護保険負担割合証による割合です。
※各種加算は職員体制や利用者様の身体状況により加算されます
   
多床室
介護度1
介護度2
介護度3
介護度4
介護度5
752単位
847単位
1,054単位
1,143単位
1,222単位
   
サービス提供強化加算(I)
22単位/日 在宅復帰支援機能加算 10単位/日
夜間勤務等看護Ⅴ 7単位/日 試行退所サービス費
800単位/日
初期加算
30単位/日 退所時前訪問指導加 460単位/回
栄養マネジメント強化加算 11単位/日 退所時後訪問指導加算 460単位/回
療養食加算 6単位/回 退所時指導加算 400単位/回
経口移行加算
28単位/日 退所時情報提供加算 500単位/日
経口維持加算(I) 400単位/日 退所前連携加算 500単位/回
経口維持加算(Ⅱ) 100単位/日 訪問看護指示加算 300単位/回
再入所時栄養連携加算400単位/回緊急時治療管理518単位/日
口腔衛生管理加算(Ⅰ)90単位/月自立支援促進加算300単位/月
口腔衛生管理加算(Ⅱ)
110単位/月長期療養生活移行加算60単位/日
排せつ支援加算(Ⅰ)10単位/月安全対策体制加算20単位/回
排せつ支援加算(Ⅱ)15単位/月認知症専門ケア加算(Ⅰ)3単位/日
排せつ支援加算(Ⅲ)20単位/月認知症専門ケア加算(Ⅱ)4単位/日
科学的介護推進加算(Ⅱ)60単位/月介護職員処遇加算(Ⅲ)所定単位数の1%
   
 
居住費 : 食費
   
利用者負担
居住費
食費
第4段階
一般の方
370円
1650円
第3段階
市町村民税世帯非課税であって、利用者負担第2段階以外の方、課税年金収入が年80万円超266万円以下の方など
370円
650円
第2段階
市町村民税世帯非課税であって、課税年金収入額と合計所得金額の合計が年80万円以下の方
370円
390円
第1段階
市町村民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者、生活保護受給者
0円
300円
   
 ※ 居住費は外泊の場合でも日額いただきます。
 ※ 食費は一食でも食べられた場合に日額いただきます。
   
 
その他の費用〔税込み〕
   
日常生活費
一日:350円
特別な食事     
要した費用の実費
理美容代
カット:2200円  ベッド上カット:2500円  丸刈り:2100円   髭剃り:1100円  シャンプー:1100円
病衣
一日:77円
特別屋料二人部屋:550円/日  一人部屋:1100円/日
文書代
診断書:3300円  入所証明書:3300円  
死亡診断書:5500円  情報開示 カルテコピー代:一枚20円
   
【お支払いについて】
毎月末日で締め切り、翌月の10日に請求書を郵送します。口座振替又は窓口での支払い、指定口座へのお振込みとなります。
 
 
【介護医療院 はじめ】
お問い合わせ及び見学など、ご希望がございましたらご相談ください。
 
TEL   0859-68-4111
FAX   0859-68-4185
担当  小原 智恵美
  
     
 
 
医療法人社団昌平会
大山リハビリテーション病院

〒689-4102
鳥取県西伯郡伯耆町大原927番地1
TEL.0859-68-4111
FAX.0859-68-4185
フリーダイヤル.0120-68-4165

───────────────
■診療科
内科、リハビリテーション科、
精神科、神経内科
───────────────
■診療時間
月曜~金曜
 9:00~12:00
14:00~17:00
───────────────
■面会時間
 10:00~20:00
qrcode.png
https://drh.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<医療法人社団昌平会>> 〒689-4102 鳥取県西伯郡伯耆町大原927番地1 TEL:0859-68-4111 FAX:0859-68-4185