5病棟・6病棟 認知症治療病棟

 
 
      5病棟看護師長 竹本朋子
 
      6病棟看護師長 角田小百合
 
 

病棟紹介

病棟紹介
 
 

活動記録

活動記録
フォーム
 
6病棟 夏の催し
2020-08-26
                   
      6病棟では夏の催しとして6月にお茶会・8月にスイカ割りを開催しました。
 
         いつもとはひと味違うレクリエーションに患者様からは好評の声多数。
            特にスイカ割りでは一振りごとに大歓声が!!
  
            ひと時、暑さを忘れお楽しみ頂けたようです。
 
 
 
5病棟 面会について
2020-05-29
こんにちわ。今年の4月からコロナウイルス対策として面会制限が始まりました。当病院では面会の時、離れた場所からタブレットを使用して患者様とお話をして頂く様になりました。離れた場所というのは、面会者(ご家族様)は、病院内の1階にある図書室からで、患者様は5病棟内の面会室の前からタブレットでテレビ電話をつないで面会していただいています。タブレット越しではありますが、面会時にはご家族様、患者様共に笑顔がみられました。これからも皆さんの笑顔が観られるように頑張っていきたいと思います。
 
介護用具「もしもしフォン」について
2020-03-16
 高齢者に多く見られる症状の一つに難聴があります。一説には後期高齢者の70%以上が難聴(加齢性難聴)であるとの統計もある程です。
 難聴は思いが伝わらない事で不安になったり意欲や危機回避能力の低下を招くため、生活の質を維持するための重大なリスクと呼ぶ事ができます。また、意欲の低下は認知症の発症や進行原因の一つともされています。
 
 6病棟では難聴のある患者様への対応の一つとして「もしもしフォン」と云う介護用具を使用しています。全ての難聴に効果があるわけではありませんが、介助者の声が患者様に届きやすくなるため診察や援助毎のコミュニケーションに活用しています。
 
ユマニチュードについて
2019-06-01
 皆さんは「ユマニチュード」と云う言葉をご存知でしょうか。 ユマニチュードはフランス発祥のケアの手法で“人間らしさ”  と 訳され、認知症治療・療養の現場で広く活用されている技術です。
 
 ユマニチュードは認知症や身体機能の低下などから生活に援助が必要な状況の方々を対象に、ケアの提供者が「あなたを大切に思っている」と云うメッセージを発信し、言語的・非言語的なアプローチが行われます。
 援助の実践では「見る」「話す」「触れる」「起き上がる・歩く」と云った基本的な部分が重視され、150を超える哲学と体系化された技術から成り立っています。
 
 6病棟ではユマニチュードの考え方と技術を基本として、日々のケアを実践しています。
 
豆まき
2019-02-16
     2月13日に少し遅めの節分を行いました。
 
最初に 豆まきの説明や唱歌の合唱をしました。
最期に鬼が登場すると、皆さん「鬼は外、福は内」と言いながら 豆を鬼に投げつけ、大盛り上がりでした。
 
 
 
年末年始の6病棟
2019-02-06
 
 12月13日にクリスマス会を開催しました。クラリネットの演奏を聴いたり、ケーキを食べたりして楽しみました。最後にサンタからのプレゼントをもらって、患者様は満面の笑顔でした。
 
正月の三が日に書初めをしました。思い思いに筆を走らせて、傑作がいくつも出来上がりました。
 
6病棟 日々のレクリエーション
2018-12-28
 病棟内で開催している日々のレクリエーションの様子や目的・職員の思いなど簡単に紹介させていただきます。
 
 病棟の集団レクリエーションは、失見当識のある患者さんのために場所や時間を一緒に確認しています(リアリティオリエンテーション)。また、脳の活性化や身体機能の維持を図ることを目的とし体操やゲームをおこなっています。療養生活で塞いでしまいがちな患者様の気持ちが少しでも和らぎ気分転換となるよう、提供する話題や内容を工夫しながら開催しています。
 
                    一週間のメニュー
 
                   月曜:的当てゲーム  
                   火曜:ビデオ上映会
                   水曜:カラオケ      
                   木曜:風船バレー
                   金曜:輪投げ
 
   ~上記メニュー以外に季節感を味わっていただくために運動会やクリスマス会などを開催しています~
 
 
 
5病棟 クリスマス会
2017-12-29
 12月13日、当病棟でクリスマス会を行いました。職員のダンス、キーボード・サックスのアンサンブル、先生によるチェロの演奏など盛り沢山の出し物が雪の世界をグッと引き寄せました。ちらつき始めた雪を眺めながらケーキを食べて頂き、楽しいひと時を共にしました。
 
5病棟 紅葉狩り
2017-11-15
 11月15日、大山を目指して紅葉狩りドライブへ出掛けました。みるくの里で下車すると、雲の切れ間に色彩豊かな大山が見えました。牛の放牧の姿に日常を忘れる解放感と色づいた一葉に移ろいゆく季節を感じる時間となりました。
 
5病棟 干し柿作り
2017-11-10
 大山の頂に雪の便りが届いた翌、11月1日、恒例の干し柿作りを行いました。手際よい包丁さばきであっという間に50個の柿は衣を脱ぎ、ほんのり甘い香りが漂いました。外に吊るすと夕日を浴びて一段と輝いていました。
1
  
     
 
 
医療法人社団昌平会
大山リハビリテーション病院

〒689-4102
鳥取県西伯郡伯耆町大原927番地1
TEL.0859-68-4111
FAX.0859-68-4185
フリーダイヤル.0120-68-4165

───────────────
■診療科
内科、リハビリテーション科、
精神科、神経内科
───────────────
■診療時間
月曜~金曜
 9:00~12:00
14:00~17:00
───────────────
■面会時間
 10:00~20:00
qrcode.png
https://drh.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<医療法人社団昌平会>> 〒689-4102 鳥取県西伯郡伯耆町大原927番地1 TEL:0859-68-4111 FAX:0859-68-4185